教職員向けITサービスに関するFAQ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • 教職員向けFAQ > その他 > ブラウザを利用時、各システム内のリンクをクリックしても次画面が開かない。(ポップアップブロック解除)
  • No : 1631
  • 公開日時 : 2021/09/06 09:58
  • 印刷

ブラウザを利用時、各システム内のリンクをクリックしても次画面が開かない。(ポップアップブロック解除)

カテゴリー : 

回答

各システムでは、
機能によってポップアップ機能(自動的にメインの画面とは別のウィンドウが表示される機能)
を使用しています。
 
検索ツールバーや、ウィルス対策ソフト、各ブラウザのポップアップブロック機能の設定などで
「ポップアップを制御」していると、ポップアップ機能が働かず、別ウィンドウが表示されない場合があります。
その場合は、お使いのパソコン・ブラウザをご確認いただき、ポップアップ制御の解除をお願いいたします。

ポップアップブロック機能とは︖
→特定のWEB サイトで自動的に新しいウィンドウを開くことを制御する機能

 
FirefoxMicrosoft EdgeGoogle Chromeなどのポップアップ制御の解除方法については
以下を参照してください。
また、その他、各種ソフトウェア、異なるバージョンのブラウザにおいては、それぞれ解除方法が異なります。
ポップアップ制御の解除方法は、各サイトのヘルプをご参照いただくか、検索エンジンなどで検索の上、ご対応ください。
 

Firefoxのポップアップ制御の解除方法

① Firefoxを起動し、画面右上のメニューボタン(横三本線)から、「オプション」をクリックしてください。

 
② メニュー画面が開くので、左側の「プライバシーとセキュリティ」をクリックし、画面を「許可設定」までスクロールしてください。「ポップアップブロックを有効にする」にチェックが入っていなければ、既にポップアップブロックは解除されています。
チェックが入っていた場合、「許可サイト」をクリックしてください。

 
③ 「許可サイト」の設定画面が立ち上がるので、「ウェブサイトのアドレス」
<例えばCLASSの場合については「https://class.admin.tus.ac.jp」>
を入力して「追加」ボタンをクリックし、「変更を保存」をクリックすると設定が完了します。
アドレスに入力するものについては、各システムに合わせて変更してください。

 

Microsoft Edgeのポップアップ制御の解除方法

① Microsoft Edgeを起動し、画面右上の「…」から、「設定」をクリックしてください。


②左欄の「Cookieとサイトのアクセス許可」から、「ポップアップとリダイレクト」をクリックしてください。


③ 「ブロック(推奨)」が無効化されていれば、既にポップアップブロックは解除されています。有効(ブロック済みの状態(以下図))になっていた場合、「許可」欄の「追加」をクリックしてください。


④ 「サイトの追加」画面が出てくるので、アドレス<例えばCLASSの場合については「https://class.admin.tus.ac.jp」>
を入力し、「追加」をクリックし、許可サイトに表示されたら設定は完了です。

 
 

Google Chromeのポップアップ制御の解除方法

① Google Chromeを起動し、画面右上のメニューボタン(縦に点が3つをクリックし、「設定」をクリックしてください。


 

②左欄の「プライバシーとセキュリティ」から、「サイトの設定」をクリックしてください。「ポップアップとリダイレクト」が表示されるまで下にスクロールしてください。
 
 

③ 「 サイトがポップアップを送信したりリダイレクトを使用したりできるようにする 」に設定されていれば、既にポップアップブロックは解除されています。「 サイトにポップアップの送信やリダイレクトの使用を許可しない 」(ブロック済みの状態(以下図))になっていた場合、「ポップアップの送信やリダイレクトの使用を許可するサイト」の「追加」をクリックしてください。

 
④ 「サイトの追加」画面が出てくるので、アドレス<例えばCLASSの場合については「https://class.admin.tus.ac.jp」>
を入力し、「追加」をクリックし、許可サイトに表示されたら設定は完了です。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

Copyright © Tokyo University of Science All Rights Reserved.